呑ちゃんの日々是好日

日々を大切にして残り少ない人生の日記をぼちぼち写真で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

北京の旅 内西路

次は、内西路の西6宮を散策

西六宮とは、
儲秀宮(ちょしゅうきゅう)翊坤宮(よくこんきゅう)
咸福宮(かんふくきゅう)長春宮(ちょうしゅんきゅう)
太極殿(たいきょくでん)永寿宮(えいじゅきゅう)
を総称して、西六宮と言われ側室や后妃が居住した処
有名な西太后は、此処に住居していたからそう呼ばれる
ようになったそうな

今日はその内の三カ所しか観る事が出来なかった
ほかは閉鎖されていた





儲秀宮(1655年改修)
西太后(慈禧太后じきたいごう)の住居



案内板には、1884年に西太后の50歳を祝って
大金を使って改修されたとある?































皇族専用の電話室?






太和殿









翊坤宮(よくこんきゅう)
西太后が貴妃身分時の住居












内西路



永寿宮閉鎖



太極殿(たいきょくでん)
明朝12代皇帝「嘉靖帝(かせいてい)」の生父「興献王朱生(こうけんおうしゅせい)」の生誕の処
清の同治帝の后妃「瑜妃」の住居


















養心殿(1723再建)閉鎖
清の雍正帝以下8代の皇帝住居







わずかに、この3宮しか観る事が出来なかったのは残念で
溥儀の住居もあるようだが、見ることは出来なかった

次は内廷の東側にある内東路に移動
スポンサーサイト

海外旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム | 北京の旅 故宮>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。