呑ちゃんの日々是好日

日々を大切にして残り少ない人生の日記をぼちぼち写真で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

北京の旅 中山公園

太廟散策に続き中座公園に向かう
故宮の天安門から午門の間両サイドに位置している。東側が太廟で西側が中山公園


闕右門


もともとは寺院であったが、明・清の時代は土地神と五穀神を祀っていたところを1914年に孫文を記念して開拓して市民に解放した。






松柏交翆亭






社稷祭壇から中山堂を見る
社稷祭壇は、明の永楽帝が五穀豊穣を祈願するため造られた


この中山堂は、明代1421年に拝殿として建立して五穀豊穣を祈っていた
1925年に孫文の棺が一時安置された事からこの名がついた
今日は、中に入ることは出来なかったが
中には、孫文の大理石像や遺品等展示されているそうだ




雀が、中山堂妻壁の小さな穴から出入りしていたので、巣造りかなと思っていたら


やはり、つがいが


戟殿


剣舞の練習?


愉園


おばちゃんのスマホでネットサーフィンかな?
其にしても、凄い普及率で何処ででも見掛ける


格言亭(薬言亭・薬石亭とも言われる)
1915年に作られ、1918年ここに移転
八本の石柱の内側に、先人の格言が刻み込まれていた。現在は削り取られている






格言が書かれているが、詠めそうもないけど、ルーペ使えば詠めるかも(^^;;


戟門?








石獅子


習禮亭


古柏?








孫文銅像




弁当を買って


昼食して、まだまだ、散策するところがあるが南門から出てさて次へ

スポンサーサイト

海外旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<九州の旅 長崎市内散策 | ホーム | 北京の旅 太廟>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。