呑ちゃんの日々是好日

日々を大切にして残り少ない人生の日記をぼちぼち写真で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

韓国釜山の旅 加徳島そしてう・な・ぎ

散歩からホテルに戻り一休みして、Suzuさん・タカちゃんと合流
加徳島へ向かう。


先ずは地下鉄で




地下鉄を出てバス停へ
ながさんと合流


その、ながさんの案内でバスに乗り










ここで乗り換え


帰りの時間を時刻表で確認


向かいにあるバス停から、マウルバ(巡回バス)に乗り換え




10~15分程で到着




ひと峠を越えて


明治頃の日本軍基地の井戸


日本家屋?この村は、地元民を移動させて日本軍の軍事基地となったそうだ


現在韓国軍の管理地のため、戻ってきた村民は、軍の許可を得て生活しているそうです。
それで許可なく建て替えることが出来ないので、老朽化した家屋を壊すことなくリフォームしているようだ


軍幹部が使っていた井戸?




我々を監視してるのかな?何回も旋回してくる~なわけないか‼


長屋?




何だろう?武器庫かな('_'?)




いよいよp(^^)q


日本軍砲陣地跡の入口にある碑
裏側に昭和11年6月建立とある
1905年4月21日に編成下令、同年5月7日外洋浦に上陸と書いてあるそうだ


砲台跡



弾薬庫?




司令室?
綺麗に清掃されている




ここの監視員さんによると、あの山に見張場の穴があるとのことでしたが、対空砲陣地ではないかと


コンデジの30倍望遠で撮ってみたら、






バス停まで戻り、ながさんの案内でもうひと歩きすると


小さな漁港の小高いところに看板が?
ここの監視員の話によると、飛行場ができるとの事


その漁港へ降りていくと、洞窟が


素堀りの洞窟の中は、漁具が散乱している


四角い穴は砲口らしい?その回りはコンクリートで固められている


対岸側にも洞窟の入口が見える

この陣地は、鎮海湾防御の要衝だったが
この地は、戦火を交えることは、無かったようだ
参考資料


最終バスに乗り遅れないよう急ぎ出る


どうにか間に合いました!




橋の先は巨済島






バスを乗り継いで場所は、ながさんの後をついて行くだけなので、不明(^_^;)




週末に行われる噴水ショー


























う・な・ぎ(^o^)v・・・で


カンパーイ(^_^)/□☆□\(^_^)
旨い😋うま~い
分かっていれば、タレとゆず胡椒持ってきたのに~


さぁー帰るべ

そして、いつものところで

カンパーイ(^_^)/□☆□\(^_^)


芋の天ぷらモグモグ


呑は、マッコリのビール割りで
(^_^)/□☆□\(^_^)


ヘムルパジョン旨い😋


今度は、全員マッコリで
カンパーイ(^_^)/□☆□\(^_^)

今日も愉しかった~し旨かった~
ながさん有り難うございました♪ヽ(´▽`)/
スポンサーサイト

海外旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<韓国釜山の旅 帰国 | ホーム | 韓国釜山の旅 チャガルチ朝の散歩>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。