呑ちゃんの日々是好日

日々を大切にして残り少ない人生の日記をぼちぼち写真で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

昭和を訪ねて 玉の井編

玉の井の起源は、永井荷風の「濹東綺譚」によれば、1918~1919年の頃、
浅草観音堂裏に言問通りが開かれるに際して、その近辺にあった「銘酒屋」等が
この地に移ってきたのが始まりだそうだ。詳しくはこちら

P1040787.jpg

P1040789.jpg

P1040790.jpg
懐かしい東武電鉄の列車

P1040791.jpg
ここも一昨年見学したのでスルー一度行けばいいかな

P1040792.jpg

P1040827.jpg
玉ノ井カフェの店内にあった写真

P1040794.jpg

P1040795.jpg

P1040798.jpg
玉の井いろは通り
ここを左へ行くと

P1040799.jpg

P1040804.jpg

P1040802.jpg

P1040803.jpg

P1040801.jpg

P1040800.jpg
玉の井で死んだ遊女やその子の霊を毎日供養したとされるお寺

P1040805.jpg

P1040808.jpg
路地裏を廻るが

P1040810.jpg

P1040811.jpg

P1040812.jpg
ん?この辺は銘酒屋の名残かな~

P1040813.jpg

P1040814.jpg

P1040816.jpg

P1040819.jpg

P1040820.jpg

P1040821.jpg

P1040822.jpg

P1040829.jpg

P1040825.jpg
アイスコーヒーで一息 永井荷風全集等ある

P1040830.jpg

P1040831.jpg

P1040832.jpg

P1040833.jpg
当時の銘酒屋等昭和の跡はあまり見かける事がなかったな~┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
時代の流れには逆らえないかなと思いながら、ここで一杯が・・・時間がまだ早かった
スポンサーサイト

下町散歩 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<韓国釜山の旅 ガックリ編 | ホーム | 昭和を訪ねて 東向島編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。