呑ちゃんの日々是好日

日々を大切にして残り少ない人生の日記をぼちぼち写真で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ベトナム中部の旅 ホイアン

ホイアンは、チャンパ王国時代(2世紀末~17世紀)から中国やアラブを結ぶ中継
貿易都市として栄え、16~17世紀頃には、日本人町が造られ、最盛期には1000人
以上の日本人が住んでいたと言われる。江戸幕府時代の鎖国政策によって、日本
人町は衰退して今では、来遠橋(日本橋)や、日本人墓が僅かに面影を残している
のみである。(地球の歩き方)

チェックインを済ませ、夜のホイアンを散策

P1100937.jpg

P1100938.jpg

P1100939.jpg

P1100940.jpg
この時間帯土産物屋の多いところでは、観光客は少ない

P1100942.jpg

P1100944.jpg

P1100945.jpg
夕方見た日本橋の対岸側の入り口

P1100947.jpg
日本橋の中央にあるお寺
入場券がないと、中には入れない

P1100950.jpg

P1100951.jpg

P1100955.jpg

P1100953.jpg

P1100956.jpg

P1100954.jpg

P1100957.jpg
日本橋のライトアップ

P1100960.jpg
来るときに通ったチャンフー通り?

P1100962.jpg
この通りは土産物屋やレストランが多い

P1100963.jpg

P1100964.jpg

P1100966.jpg

P1100967.jpg
なにやらゲームをしていた
スイカ割りとおなじで、目隠しをして竿の先につるした瀬戸物を割るゲームのようだ

P1100970.jpg

P1100971.jpg
築200年以上の家屋の、ヴィンフン1ホテル

P1100972.jpg
1泊目を此処にと考えたが、宿泊料金でやめた

P1100975.jpg

P1100976.jpg

P1100978.jpg
灯籠を橋の上から竿の先に灯籠を乗せ、川に流す

P1100979.jpg

P1100980.jpg
橋を渡りホイアンの夜景を楽しみながら食事を

P1100981.jpg
揚げ春巻き

P1100982.jpg
カオラウ・・・あれ?ビール撮してない

P1100983.jpg

P1100985.jpg

P1100989.jpg

P1000081.jpg

P1000089.jpg

P1000095.jpg

P1000108.jpg
多くの人だかりがあったので覗いてみると、なにやらショーが行われていた

P1000110.jpg
ホイアンは提灯も有名

P1000113.jpg
提灯綺麗~

P1000125.jpg
すばらし~提灯

P1000130.jpg
値段交渉している?

P1000132.jpg

P1000128.jpg
提灯をバックに記念写真を撮る家族?いいね~

P1000137.jpg

P1000138.jpg
ホテルのレストランは、静か~
シャワー浴びて寝よう~と・・・オ(・ェ・)ヤ(・ェ-)ス(-ェ・)ミ(-ェ-)。o○Zzz…
スポンサーサイト

海外旅行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ホイアンのホテル Green Heaven Hoi An Resort and Spa  | ホーム | ベトナム中部の旅 フエからホイアンへ>>

コメント

昨年、毎日新聞の連載小説で『ベトナムの桜』を読んで
1600年頃からホイアンに日本人街があったと知って興味を持ちました。
一番に日本橋に行きたいですi-237

想像より街が暗いかな?
提灯が幻想的ですねe-343
2015-05-28 Thu 13:31 | URL | れい [ 編集 ]
れいさん、コメント有り難うございます

> 昨年、毎日新聞の連載小説で『ベトナムの桜』を読んで
> 1600年頃からホイアンに日本人街があったと知って興味を持ちました。
> 一番に日本橋に行きたいですi-237

これまでに数回火事等にあい、建て直しが繰り返されているらしい
ので、中国風になってしまっている。

> 想像より街が暗いかな?
> 提灯が幻想的ですねe-343

そうですね、機上からの夜景を見たところ、全体的に暗く感じました。
でも、このくらいの方が、良いような気がします

提灯は、本当に綺麗でした。
2015-05-31 Sun 03:20 | URL | 呑ちゃん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。