呑ちゃんの日々是好日

日々を大切にして残り少ない人生の日記をぼちぼち写真で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ベトナム中部の旅 フエ「ティエンムー寺」

阮朝王宮は、思ったより広く予定時間を過ぎ、慌てて自転車をまたぎ、
必死にペダルを踏んで、旧市街の一部を巡りティエンムー寺へと向かう
途中の写真は自転車から降りず撮影したのでチト見苦しいかも

P1100726.jpg

P1100727.jpg
ベトナム軍の武器の展示

P1100728.jpg

P1100729.jpg

P1100730.jpg

P1100731.jpg

P1100733.jpg
北闕台(ほっけつだい)カフェ

P1100735.jpg

P1100736.jpg

P1100737.jpg

P1100738.jpg

P1100741.jpg

P1100742.jpg
市場の中へ入りたかったが時間がない~

P1100745.jpg

P1100747.jpg
彰徳門?

P1100750.jpg

P1100751.jpg
何という木でしょうか…樹齢は数百年かな?
阮朝王宮の外回りをほぼ一周して、フォーン川に沿って西へと進む

P1100754.jpg

P1100760.jpg

P1100762.jpg

P1100763.jpg

P1100764.jpg

P1100765.jpg
所々遺跡らしい建物があるが、ほとんど管理されていない

P1100767.jpg
観光客らしい人が出入りしているので、覗いてみることにした

P1100768.jpg
古民家なのでしょうか?

P1100770.jpg

P1100773.jpg
ようやくティエンムー寺に到着

P1100777.jpg

P1100778.jpg

P1100780.jpg
トゥニャン(慈悲)塔(1601年創建)「幸福と天の恵み」を意味している
高さ21.24mの七層八角形で、各層には仏像が安置されている(地球の歩き方)

P1100781.jpg

P1100782.jpg

P1100783.jpg

P1100786.jpg

P1100789.jpg
ダイフン寺

P1100791.jpg

P1100795.jpg

P1100796.jpg

P1100798.jpg
ザーロン帝を助けたポルトガル人のジーン・デ・ラ・クロイスによって造られた

P1100799.jpg

P1100801.jpg

P1100802.jpg

P1100804.jpg

P1100806.jpg
ベトナム戦争中に、此処の住職が政府に抗議の焼身自殺の際、サイゴンまで乗った車

P1100807.jpg
此処の住職でしょうか、それにしても質素な姿で、これぞ本当の聖職者と思う
それに比べ日本の僧侶は派手に着飾って、権力を誇示しているように見える

P1100808.jpg

P1100811.jpg

P1100812.jpg

P1100816.jpg

P1100820.jpg

P1100822.jpg
盆栽?w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!デ・デカイ

P1100824.jpg

P1100825.jpg
漢字で此処の歴史が書かれた石碑

P1100829.jpg

P1100830.jpg

P1100831.jpg
時計回りで見て歩く

P1100835.jpg

P1100837.jpg

P1100839.jpg

P1100841.jpg

P1100845.jpg

P1100848.jpg
結婚披露宴があるのか、なにやら準備をしている。
汗だくで自転車を飛ばしホテルに戻り、シャワーを浴びるが、昨日につづき今日の
自転車も、サドルの前が少し高くなっていて呑の○○○○の裏側が擦れて痛く、
見るに無残な錆びたジャックナイフになっていた・・・Y(>_<、)Y ヒェェ!
ホイアンへ移動につづく 

なお今日の説明は、地球の歩き方を参照しています
















スポンサーサイト

海外旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ベトナム中部の旅 フエからホイアンへ | ホーム | ベトナム中部の旅 フエ「阮朝王宮」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。