呑ちゃんの日々是好日

日々を大切にして残り少ない人生の日記をぼちぼち写真で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

北京の旅 中山公園

太廟散策に続き中座公園に向かう
故宮の天安門から午門の間両サイドに位置している。東側が太廟で西側が中山公園


闕右門


もともとは寺院であったが、明・清の時代は土地神と五穀神を祀っていたところを1914年に孫文を記念して開拓して市民に解放した。






松柏交翆亭






社稷祭壇から中山堂を見る
社稷祭壇は、明の永楽帝が五穀豊穣を祈願するため造られた


この中山堂は、明代1421年に拝殿として建立して五穀豊穣を祈っていた
1925年に孫文の棺が一時安置された事からこの名がついた
今日は、中に入ることは出来なかったが
中には、孫文の大理石像や遺品等展示されているそうだ




雀が、中山堂妻壁の小さな穴から出入りしていたので、巣造りかなと思っていたら


やはり、つがいが


戟殿


剣舞の練習?


愉園


おばちゃんのスマホでネットサーフィンかな?
其にしても、凄い普及率で何処ででも見掛ける


格言亭(薬言亭・薬石亭とも言われる)
1915年に作られ、1918年ここに移転
八本の石柱の内側に、先人の格言が刻み込まれていた。現在は削り取られている






格言が書かれているが、詠めそうもないけど、ルーペ使えば詠めるかも(^^;;


戟門?








石獅子


習禮亭


古柏?








孫文銅像




弁当を買って


昼食して、まだまだ、散策するところがあるが南門から出てさて次へ


スポンサーサイト
海外旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

北京の旅 太廟

10月19日月曜日サァー今日は、平日空いているだろうと、勇んで朝早く宿を出るが


おっ空いてるよしよし


それでも結構観光客いるな~


が~今日は定休日┏(-_-|||)┓ ガックリ
予定変更ここまで来たから仕方ない
隣に行こう~と


太廟(労働人民文化宮)
明代の永楽18年(1420)の建立で、明・清代には皇族の位牌を祀っていた。
戦後1949~50年に周恩来の指示によって荒廃していた太廟を改装して文化体育施設として市民に解放した。



P1060759.jpg

P1060760.jpg

P1060761.jpg

P1060762.jpg


おっ!静かでいいな( v^-゜)♪










瑠璃磚門(るりせんもん)


戟門(げきもん?)






太廟(労働人民文化宮)










太廟と中殿の間


中殿の天井
他工事中の為撮影できなかった






后殿








中国軍衛兵?
行進の練習していた


太廟から見る故宮の角楼


入ったところから出て次へ向かう

海外旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

北京名勝酒店(ミングコートヤード)

2軒目の宿やはり四合院のホテル
北京名勝酒店(ミングコートヤード)






ロビー


ロビーから見る小さな中庭


ロビー


大きな中庭


カフェ


こちら側の部屋に泊まりたかったけど、
他の部屋に案内された






新しく立て替えた二階建ての棟に案内された。一人でツインは広い~


トイレシャワー室は、広くお湯もちゃんと出るし問題なしで、4日間快適に過ごすことが出来ました( v^-゜)♪
ホテル | コメント:0 | トラックバック:0 |

北京の旅 王府井散策

地下鉄南鑼鼓巷駅から王府井で食事と散策

清の時代、王府井大街に、8軒の皇族屋敷(王府)があり、彼らの為の井戸が掘られた事から王府井と呼ばれるようになった。




地下のフードコートへ


100元でプリペードカードを買い




何を食べようかな?


結果☝で一杯
残金はさっきのカウンターで清算する


お腹も一杯になったことだし


王府井小吃街
ここが有名な屋台街?凄い人で混雑している


入っていきなりタツノオトシゴやサソリの串刺し!しかも生きてるw(゜o゜)w






トッポキ?


フードコートがあった


見た感じ、ここの方が安い失敗した(>_<)












暫くB級グルメを写真で楽しもう






















出た~😱
蠍に蜘蛛に百足と蝙蝠エトセトラ
こんなん食うの居るんか!!( ; ロ)゚ ゚ビックリポンや~








行列のできる店






鼻つまむ😅
結構これを食べながら歩いてる人いた


お好み焼きっぽい?
















雑貨?土産品?売り場






通り抜けて王府井大街に出る(〃´o`)=3~
この通り、夜は歩行者天国になる




ホコテンも抜けて、宿に戻ることに






向のビルの照明が反射してブルーに光る


地下鉄駅がこの近くにあるはずなのだが、迷ってしまい、あっち行ったり来たり、へ(×_×;)へツカレタ~
何とかたどり着き宿に戻ることができました。そして、部屋呑みお休み😌🌃💤
海外旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

北京の旅 什刹海胡同散策

北海公園から什刹海方面へぶらぶら
胡同散策

P1060526_20151124064716d57.jpg

P1060527_2015112406473235c.jpg
賭けはしていないみたい?

P1060528.jpg

P1060530.jpg

P1060531.jpg
先ずは前海湖沿いをブラブラ

P1060533.jpg
チョットリゾートっぽいけど、そろそろここで飲み食いするには、肌寒いかも

P1060534.jpg
北朝鮮系のレストラン?
中をよく覗いて見ると!昔のキャバレーのホステスの様なスタイルのお嬢様が
喜び組...?^^);・・)?゚◇゚)?

P1060535.jpg
メニュー

P1060538.jpg
これなら入ってもいいかな・・・と思ったけどやめた(笑)

P1060539.jpg

P1060542.jpg
行列のできる店?

P1060543.jpg
イカ焼いていた

P1060545.jpg
まだ時間が早いのか?客は居ない

P1060549.jpg
覗いて見ると、この辺のカフェは生バンドの店がほとんど

P1060550.jpg
そろそろ胡同散策

P1060551.jpg

P1060552.jpg
リキシャで胡同巡り

P1060557.jpg
何と書いてある?財運が付く?財呼び込み?

P1060561.jpg

P1060563.jpg

P1060566.jpg

P1060567.jpg

P1060568.jpg
可愛いヘU・x・U ワン♪・・・優しい顔してる~

P1060572.jpg
観光用にきれいに化粧している( -.-) =зフウー

P1060573.jpg
扉の中を覗いて見ると!
これが昔からの胡同の姿?

P1060576.jpg
生活感がある(・∀・)ィィネ!!(・∀・)ィィネ!!(・∀・)ィィ――ネ!!

P1060577.jpg

P1060578.jpg

P1060581.jpg

P1060583.jpg
そういえば公衆トイレがあまり見かけないな~?

P1060584.jpg
后海沿いに出て戻る

P1060585.jpg

P1060590.jpg
銀錠橋
ここから西側を見る景観は燕京八景のひとつで「銀錠観山」と呼ばれており、
晴れて空気の澄んだ日には后海越しに山々を遠望することができるとか

P1060591.jpg
橋を渡ると記念写真のチェックをしている

P1060595.jpg
んっでもって撮りなおし・・・それにしても多くの大衆の中で♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!

P1060594.jpg
京扇子

P1060596.jpg

P1060597.jpg

P1060598.jpg

P1060599.jpg
万寧橋
昨年(2014)世界遺産になった京杭大運河(650年に完成した。北京から杭州までの
2500Kmの人造の運河)に架かる橋

P1060601.jpg

P1060610.jpg
建築時から残る欄干

P1060614.jpg
運河沿いを歩く

P1060616.jpg
対岸側に何か街灯が見えるので橋を渡って

P1060617.jpg
夜の雨儿胡同を散策

P1060618.jpg
ここもきれいに開発されている

P1060619.jpg

P1060620.jpg

P1060621.jpg
四合院
昼間は、公開されているようだ

P1060622.jpg

P1060623.jpg
なにやら賑やかなところに出てきました。雑貨屋やカフェが並ぶ通り
Googleマップで見ると南鑼鼓巷とある

P1060625.jpg

P1060626.jpg
若い子に人気があるのでしょうか?

P1060627.jpg

P1060628.jpg
地安門東大街に出て地下鉄南鑼鼓巷駅から次へ
今日はまだまだ歩きまっせ~














































海外旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

北京の旅 北海公園

景山公園から北海公園に降って行くと


陟山門街
胡同の市場なのでしょうか?
買い物客で結構賑わっていた


行列のできる店
















此処も又行列してた。地元の方々でしょうか?観光客では無さそう




北海公園は金王朝代(1115~1234年)に造られた人造湖で元朝・明朝・清朝滅亡まで宮廷の庭園だった中国最古の庭園

東門から入園料を払って15元だったかな?
地元の人たちは、カードをタッチして入園していた。1年券なのでしょうか?


白塔のある瓊華島(白塔山とも呼ばれる)への陡山橋








永安寺の白塔
チベット仏教様式でダライ・ラマ5世が北京来訪記念で1651年に建立された。
Wikipedia参照

P1060411.jpg


白塔に入るのにも、入館料取られると言うことで入らず、(後に後悔する)島を一周する

P1060424.jpg
長廊


長廊から出て







閲古楼(1747年建立)
魏や晋時代から明代末期の著名書道家の筆跡が残されている








少数民族の伝統舞踊でしょうか?
子供に指導していました


永安寺正面


永安橋(推雲積翠橋)
13世紀に架けられた団城と瓊華島を繋ぐ橋

P1060442.jpg
団城


広~い北海公園
疲れが出てきて、これに乗りたくなるが、節約々々


夏は見事な蓮の花を観ることが出来るであろう


民家なのでしょうか?


北口方面に向かい周回する

P1060520.jpg


九龍壁(1756年建立)
国内に三つあるうち最も大規模で古いそうだ


闡福寺




菊の盆栽?


菊で龍を象っている






小西天






万佛楼石碑


澄祥亭


市民が社交ダンスを楽しんでいる






西天梵境


まだまだ見て廻るところが有ったようだが、北口から出て次へ向かう
海外旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

北京の旅 影山公園

10月18日(日)今日は、次の宿に移動して、故宮博物院(紫禁城)散策に向かうが…













前門大街の店の前にある銅像、それを見ればその店の商売がわかる?


前門駅に向かって正陽門箭楼を見る


地下鉄5号線「北新橋駅」から




胡同(フートン)のなかを歩き




道路工事中






どんどん奥へと歩く






此処かな?違うな~辿り着くのかちと不安になる




在りました🙆今日から4日間お世話になる宿四合院「北京名胜酒店」ミング・コートヤードホテル
朝早くからのチェックインしてくれました(^^)v
さぁ~荷物をおいて早速故宮へ


結構歴史のある胡同のようです


駅まで他の道をブラブラ


東直門内大街通り






地下鉄に乗って


前門に戻り
正陽門箭楼からの正陽門


箭楼裏側


正陽門へは道路に阻まれ渡れず迂回して
旧北京駅舎「中国鉄道博物正陽門館」の前を通り、地下道から渡る


此処で荷物を預けて(セキュリティの為で有料)、毛主席祈念同に向かうが、凄い行列😱❕
で…諦めて荷物を引き取りに戻る(^^;;




人民英雄記念碑


人民大会堂








天安門
此処へも道路に阻まれ渡れず迂回したあ~しんど😞💦


天安門を抜け一部工事中の端門
凄い人出に😱❕
ここを抜けて入場券売り場も凄~い行列😱❕
んでもって、諦めて景山公園にブラブラと向かう


午門を左へと廻る




角楼


西華門




市電風バス


途中混雑した美味しそうな店が数軒あったけど、我慢して




北側「神武門」出口専用
そう南側「天安門」は入り口専用


道路を渡って景山公園に入り階段をテクテクと登る。ふ~息がきれる😖💦
明・清代皇帝の庭園
明代に紫禁城の建造時の濠の残土を、元の宮殿「延春閣」の跡地を埋めた山で、風水の考えのもとで紫禁城の真北に造られた。


万春亭にやっと到着
そして


お決まりの紫禁城全景
夕方は夕焼けで黄金色に染まるそうな


仏様も紫禁城を見守っている?


観るところは沢山あるようだけど北海公園方面へ下る








北海公園へ向かう

海外旅行 |

前门锦绣庄宾馆 (チェンメンコートヤードホテル)

前門で2日間宿泊したホテル


清朝時代北京での代表的な裕福な民家で中庭を中心に四方に家屋があり、外からでは塀に囲まれた家屋に見える築200年の四合院をホテルに改装したチェンメンコートヤードホテル


ロビー
言葉があまり通じなかったが、フレンドリーな対応で良かった
宿泊者は中国人か欧米人が多く、日本からは呑一人


中庭








夜のホテル




奥がありかなり広いようだ。
明るい時に見て回れば良かった(._.)


125号室


鍵が古くロックかけるもコツがいる(^^;;




お湯もちゃんと出るし、シャワーと便器の間にカーテンもあり問題なし

感想
駅から近く、何処へ行くのにも便利
又、ホテル近くには食堂、レストランも多くある。
近くの小さな商店は、正札がなく外国人にはぼったくるので注意。
ちょっと離れてるが徒歩10分程のセブンイレブンで、買い物をした方がいい
惣菜等も売っており、好きなものを選んで、弁当にすることが出来る。
又、日本企業と言う事で、品質管理がしっかりしているので安心感がある。

ホテル | コメント:0 | トラックバック:0 |

北京の旅 金山嶺長城

10月17日(土)…2日目は、故宮を予定していたが、朝目覚めてふと思いつき急遽万里の長城に変更した。
何故なら、金山嶺長城へ行くバスは20名以上でないと運行されません。
そこで平日は、20人集まるか不安になり、それならば土曜日の今日なら大丈夫だろうと変更した。が…(._.)


朝早くから営業している?それとも朝まで営業?客はちらほらといる。


ネオンの赤がかかっている写真


この後、中国の痰吐きの洗礼を受けた~😱
数名いるところを、通りかかったら振り向きざまペッと服にかかる(`へ´*)ノ


地下鉄2号線前門駅から


東直門で下車して


地下鉄13号線に乗り替え


望京西で下車


15 号線に向かいD出口から出て道路向かい側へ近くに歩道がないので注意。
公衆トイレあり


そして左へ進む


過ぎてすぐ


バス車庫に沿って右を見ると


有りました🙆
不安だったけど、スンナリ
何方か?もし行く機会があったら、参考にしてください


霞む太陽
気になるPM2.5遠景綺麗に撮影出来るか


7時30分頃には続々と人が集まり、20人どころか!満員状態
8時に出発する。運賃は確か往復35元
ところが、帰りに(._.)


高速料金所
日本では見られない風景


車窓から


途中渋滞で少し遅れて10:15頃到着したが
広い駐車場が満車状態?!(・◇・;) ?






はは~👀‼だから
年に一度のウォーキング大会にかち合う


入場料を払って


ロープウェイの代金を惜しんで






比較的楽な登り坂である西側へ




スンナリ到着


さー長城へ


西側は、比較的復元整備されているものの保存状態はいい


天気はいいのだがやはり霞む(>_<)




染まり始まりの紅葉
ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァあの坂…やめて折り返して東側へ向かう
















岩を基礎にして強固な城壁を造る?


何百年も前から踏みこまれた階段♪


雨水の排水?




荒れたまま残る長城
中国では、この金山嶺長城を長城の中の長城と言われているそうだ。
確かに綺麗に見渡すことが出来れば、美しい景色であろうと思う


記念撮影してた。
皆さんこのポーズ大好きみたい。
若きも、おばちゃんも皆さんこのポーズ(笑)




いいね~🎶






もっと先へ行きたかったが、タイムアウト




ロープウェイを横目に下って行く、結構キツイ下り坂😅いきにしないで正解🎵




今度は、ここに泊まってユックリ長城散策したいな~
15:00にバスは帰京するけど、ここでトラブル往復の運賃だったはずなのに14元請求されたので、何故と?少しもめたが言葉もわからず面倒なので支払う


地下鉄6号線車公庄西駅から近い老辺餃子館






あるブログで美味しいと言うことなので行ってみたが、呑の口には合いませんでした😖⤵








宿に戻る前に夜の前門散策


蝋人形館
ジャッキー・チェンかな


金のジャーブラ?な分けないよね(^^;;






宿とは反対側の路地に入って


何だろう15元?




それにしても、昨夜も思ったけど暗い
女性の?一人歩きは危険だな~
さぁー宿に帰り寝よう~と
お休み😌🌃💤
海外旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

北京の旅 天檀

いや~参った参った(^^;
9月9日以来日記を、UPしていなかった。台湾の旅以後弾丸でシンガポル、夏に旧甲州街道そして韓国と旅をして来たが、かまけてました。
10月16日から初めての中国北京へ行ってきたので、先ずは北京の旅から書いていく。
今思い返せば、20数年前会社の北京旅行があったが…訳あって、泣く泣く参加することが出来なかった。
そして今やっと憧れの中国へ、行きたいところは沢山有るが、先ずは首都北京へ
ここだけでも6ヶ所もの世界遺産がある!限られた日数で、何処まで見て回れるか?ウキウキしながら旅に出る


ラウンジで晩酌ならぬ朝酌😋


嬉はずかし~お見合い(^^)v


ANAのスターウォーズ機
慌てて、シャッターを切ったのでズームアップ出来なかった


今日は、富士山拝めないかなと諦めていたが


早速の昼食


韓国上空
仁川付近を通過したら、大きく左へ旋回そして


北京上空
ぬ?何?下界がよく見えないPM2.5…これ程とは(・・;)


定刻通り無事北京に到着


入国審査もスムーズに通過して
APMシャトルでターミナル3Cへ移動


機内持ち込みだったのでスルーして


エアポートエキスプレス駅


友人からいただいた、北京交通カード「イーカートン」窓口で100元チャージして


荷物のセキュリティチェックを済ませ


いざ市内へ




東直門で地下鉄2号線に乗り替え


前門で下車して、宿へと向かう






路地に入って


今日から2日間お世話になる宿


バスで天檀へいこうか迷うが、徒歩で


向かい側に渡って、路地を見ると徒歩正解とばかりに


路地に入っていく




んーいいね❤


銭湯の様だ


此処は、昔からの胡同(フートン)でしょうか?


公衆トイレに入って👀‼


噂に聞いていたニーハオトイレ🚻(///ω///)♪


路地裏散策を終えて大通りに出て


天檀北門口に


天檀鳥瞰図


北門から


羽根つきならぬ、羽蹴り?




祈念殿
これが天檀と凄い勘違いしていました
















パワースポット?
樹皮が、天にうねり昇る龍のように見えるので、九龍柏と呼ばれる老木(樹齢800年超)






皇穹宇
神位を表す「太陽・月・彗星・金星・火星・木星・土星」などの位牌を祭祀のとき置かれる。








凄い落書き




圜丘壇
9の倍数の欄干や石板で構成された基檀
皇帝は冬至に、
中央にはめ込まれた天心石に立って三跪九拝の礼をとり、祈りを捧げた。
これらを総じて天檀と言うそうです。
AllAboutを参照


天心石に乗って祈るおばちゃん?
我も我もと記念撮影してた(^^;






南門から出る


出て振り返る


早速路地に🎵




バスで宿へ戻ろうと思おうが、どのバスに乗って、何処で降りたら良いのかわからずで結局歩くことにした。


初めての北京、少し不安が有るが恐る恐る路地裏を散策


木が屋根に沿って曲がっている-(・・;)なんでやねん




だんだん薄暗くなってきて、迷わないうちに、大通りへ


すると門らしき建物が?
Googleマップを見ると「永定門」とある


この前は、長い公園となっており、市民のいこいの広場といった感じ


暗くなってきて不安に、門が見えてきたので天檀の西門かと思い行ってみると


北京天檀病院でした


此方が西門


自然博物館の化石林自然林が化石かしている?


自然博物館


このバス何処行き?


地下鉄の車庫?


やっと天檀に向かうときにあった所に
;≧∇≦) =3 ホッ; 


写真とらなかったけどセブンイレブンで晩飯を買って


前門通り


レストラン、食堂沢山有るがさすがに疲れて


宿に戻る(^^;;そして


おでん


のり巻き


辛~いピーナツ
ビールが進む😅


現地製造のビールを飲んで
良い一日目でした
お休み😌🌃💤


海外旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。