呑ちゃんの日々是好日

日々を大切にして残り少ない人生の日記をぼちぼち写真で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ホイアンのホテル Green Heaven Hoi An Resort and Spa 

今までの旅で、一番贅沢なホテルかも?
ヤバイ!次の旅を考えると(-。-;)

P1100925_20150531033130f5e.jpg

P1100926.jpg

P1000160.jpg

P1100935.jpg

P1100934.jpg

P1100933.jpg

P1100927.jpg

P1100931.jpg

P1100929.jpg
ベランダは有るのだが、目の前に隣の民家のベランダが・・・(゚_゚i)タラー・・・

P1000346.jpg

P1000347.jpg
昼間のホテルの全景

P1000321.jpg
ひと泳ぎしょうかなと思ったけど、海パン忘れた

P1000141.jpg

P1000158.jpg

P1000159.jpg

P1000157.jpg
宿泊客はほとんど欧米の方々で、呑以外アジア系はいませんでした

P1000139.jpg

P1000142.jpg

P1000143.jpg

P1000144.jpg

P1000145.jpg

P1000148.jpg

P1000149.jpg

P1000150.jpg

P1000151.jpg

P1000152.jpg

P1000153.jpg

P1000154.jpg
此処でもオムレツは調理してくれました

P1000146.jpg

P1000147.jpg

P1000156.jpg
ガッツリ食べて、さ~出かけよう(^▽^)/


スポンサーサイト
ホテル | コメント:0 | トラックバック:0 |

ベトナム中部の旅 ホイアン

ホイアンは、チャンパ王国時代(2世紀末~17世紀)から中国やアラブを結ぶ中継
貿易都市として栄え、16~17世紀頃には、日本人町が造られ、最盛期には1000人
以上の日本人が住んでいたと言われる。江戸幕府時代の鎖国政策によって、日本
人町は衰退して今では、来遠橋(日本橋)や、日本人墓が僅かに面影を残している
のみである。(地球の歩き方)

チェックインを済ませ、夜のホイアンを散策

P1100937.jpg

P1100938.jpg

P1100939.jpg

P1100940.jpg
この時間帯土産物屋の多いところでは、観光客は少ない

P1100942.jpg

P1100944.jpg

P1100945.jpg
夕方見た日本橋の対岸側の入り口

P1100947.jpg
日本橋の中央にあるお寺
入場券がないと、中には入れない

P1100950.jpg

P1100951.jpg

P1100955.jpg

P1100953.jpg

P1100956.jpg

P1100954.jpg

P1100957.jpg
日本橋のライトアップ

P1100960.jpg
来るときに通ったチャンフー通り?

P1100962.jpg
この通りは土産物屋やレストランが多い

P1100963.jpg

P1100964.jpg

P1100966.jpg

P1100967.jpg
なにやらゲームをしていた
スイカ割りとおなじで、目隠しをして竿の先につるした瀬戸物を割るゲームのようだ

P1100970.jpg

P1100971.jpg
築200年以上の家屋の、ヴィンフン1ホテル

P1100972.jpg
1泊目を此処にと考えたが、宿泊料金でやめた

P1100975.jpg

P1100976.jpg

P1100978.jpg
灯籠を橋の上から竿の先に灯籠を乗せ、川に流す

P1100979.jpg

P1100980.jpg
橋を渡りホイアンの夜景を楽しみながら食事を

P1100981.jpg
揚げ春巻き

P1100982.jpg
カオラウ・・・あれ?ビール撮してない

P1100983.jpg

P1100985.jpg

P1100989.jpg

P1000081.jpg

P1000089.jpg

P1000095.jpg

P1000108.jpg
多くの人だかりがあったので覗いてみると、なにやらショーが行われていた

P1000110.jpg
ホイアンは提灯も有名

P1000113.jpg
提灯綺麗~

P1000125.jpg
すばらし~提灯

P1000130.jpg
値段交渉している?

P1000132.jpg

P1000128.jpg
提灯をバックに記念写真を撮る家族?いいね~

P1000137.jpg

P1000138.jpg
ホテルのレストランは、静か~
シャワー浴びて寝よう~と・・・オ(・ェ・)ヤ(・ェ-)ス(-ェ・)ミ(-ェ-)。o○Zzz…
海外旅行 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ベトナム中部の旅 フエからホイアンへ

シャワーを浴び、何時までも悲しんでおられず、心身ともにサッパリして、
昨日ホテルで予約した、シンツーリスト(旧シンカフェ)のバスに乗り、ダナン経由でホイアンへ

P1000045.jpg

P1000025-001.jpg

P1000022.jpg

P1000035-001.jpg
是非乗りたかった二段ベットのバス、足下がチト狭いが、まー快適そうだ

P1000028-001.jpg

P1000030.jpg

P1000031.jpg

P1000046-001.jpg
ハイバン峠?のドライブインでトイレタイム

P1000049.jpg

P1000050.jpg

P1000051.jpg

P1000053.jpg

P1000054.jpg

P1000057.jpg

P1000065.jpg
とても素敵なドライブインでした。ガラガラでしたが(^▽^;)

P1000066.jpg

P1000071.jpg

P1000073.jpg
ダナン市内に入る

P1100856.jpg

P1100858.jpg
ダナンのリゾート地域

P1100859.jpg
五行山(大理石の山でマーブルマウンテンとも言われている)

P1100862.jpg

P1100864.jpg
ホイアンバスターミナル
ここから世界遺産の旧市街へ向かいホテルまで歩く

P1100865.jpg

P1100866.jpg
宿泊は、このホテルではありません

P1100868.jpg

P1100869.jpg

P1100872.jpg

P1100874.jpg

P1100876.jpg

P1100878.jpg

P1100880.jpg
尼寺みたい?

P1100881.jpg
いよいよ世界遺産旧市街に入ります

P1100883.jpg

P1100885.jpg

P1100887.jpg

P1100889.jpg

P1100890.jpg

P1100894.jpg

P1100900.jpg
日本橋(来遠橋)
時代は不明だが日本人が架けた橋・・・でも~どう見ても中国風

P1100903_201505251443021c5.jpg
この時期はやはり春なんですかね?お幸せに

P1100911.jpg

P1100906.jpg

P1100912_20150525145028501.jpg

P1100915.jpg

P1100925.jpg
2日間お世話になるGreen Heaven Hoi An Resort and Spa
本当にやばくなってくる呑でした(>▽<;;




海外旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ベトナム中部の旅 フエ「ティエンムー寺」

阮朝王宮は、思ったより広く予定時間を過ぎ、慌てて自転車をまたぎ、
必死にペダルを踏んで、旧市街の一部を巡りティエンムー寺へと向かう
途中の写真は自転車から降りず撮影したのでチト見苦しいかも

P1100726.jpg

P1100727.jpg
ベトナム軍の武器の展示

P1100728.jpg

P1100729.jpg

P1100730.jpg

P1100731.jpg

P1100733.jpg
北闕台(ほっけつだい)カフェ

P1100735.jpg

P1100736.jpg

P1100737.jpg

P1100738.jpg

P1100741.jpg

P1100742.jpg
市場の中へ入りたかったが時間がない~

P1100745.jpg

P1100747.jpg
彰徳門?

P1100750.jpg

P1100751.jpg
何という木でしょうか…樹齢は数百年かな?
阮朝王宮の外回りをほぼ一周して、フォーン川に沿って西へと進む

P1100754.jpg

P1100760.jpg

P1100762.jpg

P1100763.jpg

P1100764.jpg

P1100765.jpg
所々遺跡らしい建物があるが、ほとんど管理されていない

P1100767.jpg
観光客らしい人が出入りしているので、覗いてみることにした

P1100768.jpg
古民家なのでしょうか?

P1100770.jpg

P1100773.jpg
ようやくティエンムー寺に到着

P1100777.jpg

P1100778.jpg

P1100780.jpg
トゥニャン(慈悲)塔(1601年創建)「幸福と天の恵み」を意味している
高さ21.24mの七層八角形で、各層には仏像が安置されている(地球の歩き方)

P1100781.jpg

P1100782.jpg

P1100783.jpg

P1100786.jpg

P1100789.jpg
ダイフン寺

P1100791.jpg

P1100795.jpg

P1100796.jpg

P1100798.jpg
ザーロン帝を助けたポルトガル人のジーン・デ・ラ・クロイスによって造られた

P1100799.jpg

P1100801.jpg

P1100802.jpg

P1100804.jpg

P1100806.jpg
ベトナム戦争中に、此処の住職が政府に抗議の焼身自殺の際、サイゴンまで乗った車

P1100807.jpg
此処の住職でしょうか、それにしても質素な姿で、これぞ本当の聖職者と思う
それに比べ日本の僧侶は派手に着飾って、権力を誇示しているように見える

P1100808.jpg

P1100811.jpg

P1100812.jpg

P1100816.jpg

P1100820.jpg

P1100822.jpg
盆栽?w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!デ・デカイ

P1100824.jpg

P1100825.jpg
漢字で此処の歴史が書かれた石碑

P1100829.jpg

P1100830.jpg

P1100831.jpg
時計回りで見て歩く

P1100835.jpg

P1100837.jpg

P1100839.jpg

P1100841.jpg

P1100845.jpg

P1100848.jpg
結婚披露宴があるのか、なにやら準備をしている。
汗だくで自転車を飛ばしホテルに戻り、シャワーを浴びるが、昨日につづき今日の
自転車も、サドルの前が少し高くなっていて呑の○○○○の裏側が擦れて痛く、
見るに無残な錆びたジャックナイフになっていた・・・Y(>_<、)Y ヒェェ!
ホイアンへ移動につづく 

なお今日の説明は、地球の歩き方を参照しています

















海外旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ベトナム中部の旅 フエ「阮朝王宮」

4月6日今日は、午後からホイアンへ移動するので、午前中に阮朝王宮と
旧市街・ティエンムー寺を見て回ろうと朝食後、自転車をレンタルして走る

P1100511.jpg

P1100512.jpg
バイクの通勤ラッシュ

P1100514.jpg

P1100517.jpg

P1100519.jpg
ファン・ボイ・チャウ(1867-1940年フランスからの独立を目指した革命家)の頭像
フォーン川沿いの公園へ行きチャンティエン橋のたもとにある。

P1100520.jpg

P1100524.jpg

P1100525.jpg
散歩帰りなのか?日陰でお茶を飲みながら談議している

P1100530.jpg
ガン門

P1100537.jpg
この脇に自転車置き場がある(有料)

P1100538.jpg
昨日対岸より見たフラッグタワー

P1100542.jpg

P1100543.jpg
世界遺産阮朝王宮の入り口「王宮門」
此処で入場料を払い、中へと入る

P1100547.jpg
ガイドさん?

P1100555.jpg

P1100559.jpg

P1100564.jpg

P1100566.jpg
大和殿「中国の紫禁城を真似て造られた」地球の迷い方参照
ベトナム戦争中の1968年に破壊され、1970年に再建された

P1100567.jpg

P1100570.jpg

P1100578.jpg
中はボケボケ画像で公開できない(;´▽`A``(確か撮影禁止だったと思う)

P1100579.jpg
唯一この場所は許されていた

P1100580.jpg

P1100581.jpg
「右廡(うぶ)」武官の詰め所

P1100582.jpg
たぶん中国観光客?マナーは良かったから台湾?

P1100586.jpg
右廡のウラは破壊されたままの煉瓦塀

P1100589.jpg
「左廡(さぶ)」文官が使用

P1100593.jpg

P1100596.jpg

P1100598.jpg

P1100602.jpg

P1100622.jpg

P1100623.jpg
建中殿?

P1100625.jpg

P1100627.jpg

P1100629.jpg

P1100631.jpg
建物名不明・・・(゚_゚i)タラー・・・
P1100636.jpg

P1100643.jpg

P1100648.jpg
太平楼

P1100653.jpg

P1100660.jpg

P1100664.jpg

P1100675.jpg

P1100676.jpg

P1100677.jpg

P1100688.jpg
閲昰堂?たぶん
皇族が楽しんだと言われる世界無形遺産「ニャー・ニャック(宮廷舞踏)」行われた劇場

P1100689.jpg

P1100690.jpg

P1100693.jpg

P1100701.jpg

P1100702.jpg

P1100706.jpg

P1100708.jpg

P1100709.jpg

P1100712.jpg

P1100714.jpg

P1100722.jpg
「顕仁門」出口は2カ所有って、ここは、入り口から右にあり、もう一つは、裏口
要するに出入り口は別になっている

P1100725.jpg
思ったよりも広く、時間が掛かり今日も焦りだし、駐輪場まで駆けだし次へ向かう。
つづく

海外旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

羽田国際線JALファーストクラスラウンジ

これもまたもう無いであろう
羽田空港国際線JALファーストクラスラウンジ

P1090873.jpg

P1090874.jpg

P1090876.jpg

P1090897.jpg

P1090901.jpg

P1090877_20150519002203d2a.jpg
流石ファーストクラスラウンジ・・・静かです

P1090899.jpg
マッサージサービスもあります

P1090882.jpg

P1090883.jpg

P1090891.jpg
飲み物は豊富にある

P1090880.jpg
人気のカレーと味噌汁

P1090890.jpg

P1090889.jpg

P1090888.jpg

P1090884.jpg

P1090892.jpg
ハンバーグは焼いてくれます

P1090893.jpg

P1090878.jpg

P1090887.jpg

P1090886.jpg

P1090881.jpg

P1090879.jpg
しめに饂飩かな?

P1090894.jpg

P1090895.jpg

P1090896.jpg
貧乏な呑は、あれこれ迷いながら漁り食べました
!o(⌒囗⌒)oΨ イッタダキマーーース!!旨旨


空港ラウンジ | コメント:0 | トラックバック:0 |

JAL羽田国内線ラウンジ

たぶん今年以外利用できること無いであろうから、記録しておきたい
羽田空港国内線のJALダイヤモンド・プレミアラウンジ

P1070890.jpg
JALの優先セキュリティチェックからエスカレーターで上がる

P1090821.jpg
先ずはシャワーを浴びに

P1090825.jpg

P1090826.jpg
シャワーを浴びてラウンジ内へ

P1090827.jpg
この日は、空いていて静かだった

P1090828.jpg

P1090830.jpg
ソフトドリンクにウイスキーもちろんビールも

P1090843.jpg

P1090829.jpg
このラウンジでは、軽食もある

P1090844.jpg
ん?なぜかビールの姿が?

P1090835.jpg
鶴丸いいね!


空港ラウンジ | コメント:0 | トラックバック:0 |

Cherish Hue Hotel

フエでの宿チェリッシュフエホテル(アゴダで四ツ星ホテル)
今までの旅では、このクラスにしては最安でした。

P1100487_20150516092208f3a.jpg

P1100854.jpg
階段を上がってはいるとフロントらしきカウンターがあったが
フロントは、確か7階?にと言われエレベーターで上がる

P1100387.jpg

P1100386.jpg

P1100388.jpg

P1100483.jpg

P1100490.jpg

P1100488.jpg

P1100389.jpg

朝食は最上階のレストランで
P1100491.jpg

P1100492.jpg

P1100493.jpg

P1100500.jpg

P1100498.jpg

P1100497.jpg

P1100496.jpg

P1100495.jpg

P1100494.jpg

P1100501.jpg

P1100503.jpg

P1100505.jpg

P1100506.jpg

P1100507.jpg

P1100508.jpg
食事は種類が多く、美味しい
たべすぎたε= (^0^*)げっぷ♪


続きを読む
ホテル | コメント:2 | トラックバック:0 |

ベトナム中部の旅 フエ

現役を退いてから東南アジアを転々と旅をして、フエには一月も滞在していると言われる、
団塊世代の先輩と別れ、急ぎホテルにチェックインして、休む間も無く自転車を借り急ぎカイ
デン帝陵へとひたすら走る、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗)

此処までの写真は無し・・・タブレットのGoogleマップを頼りに走るので精一杯でした
P1100392.jpg
カイデン帝陵(ベトナム阮朝の12代カイデン皇帝1916年-1925年の陵)Wikipedia
1920年から1931年まで11年かけて造られた。東洋・西洋様式で宗教も仏教・
ヒンズー教・キリスト教等混在した建築様式で造られている

P1100395.jpg

P1100397.jpg

P1100398_20150516114630e84.jpg

P1100399.jpg

P1100402.jpg

P1100407.jpg

P1100408.jpg

P1100409.jpg

P1100426.jpg

P1100438.jpg

P1100428.jpg
内装は、中国の陶器や日本のビール瓶等を使っている

P1100414_20150516130303f39.jpg
カイデン帝

P1100416_201505161148173d0.jpg
この像の地下にカイデン帝は埋葬されている

時間が押し迫っている~ペダルを一生懸命踏む写真撮っていられない~
次は、ミンマン帝陵へ慌てていて、地図を確認すればいいのに遠回り(。>0<。)

入り口近くに有料駐輪場があり、そこへ止めなくてはならない幾らだったか?
土産物屋というか茶店というか数件有り、勧誘がある
知らずにどんどん中へと向かうと、大きな声で注意される
とにかく自転車を預けてミンマン帝陵へ
P1100444.jpg

P1100445.jpg

P1100446.jpg

P1100449.jpg

P1100451.jpg

P1100452.jpg

P1100455.jpg

P1100457.jpg

P1100463.jpg
ミンマン帝陵(阮朝二代皇帝1820年-1841年)Wikipedia
1840年から3年で造られた中国風の構成(地球の歩き方より)

P1100473.jpg

P1100475.jpg

P1100477.jpg

P1100479.jpg

P1100482.jpg
時間ぎりぎりで間に合い、とにかく見て回ることが出来た。
もう1カ所トゥドゥック帝陵へも行きたかったがタイムアウトo(TヘTo) クゥ~
暗くならないうちにホテルへ戻り、疲れたので部屋呑み(;´ρ`) グッタリ






海外旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ベトナム中部の旅 ダナンからフエ

4月・5月GWと立て続けに旅に出ていて、ブログを長いことUP出来ないでいる
と言い訳を(^^;)

と言うことで、4月5日朝タクシーでダナン駅へと向かう

P1100313.jpg
ガ・ダナンで通じた(^○^)

P1100055.jpg

P1100323_20150516092209848.jpg
アオザイのお姉さんが、改札している

P1100318.jpg

P1100351.jpg

P1100352.jpg
弁当をと言うか、おかずを選んで、プレートに寄せてもらっている

P1100327.jpg

P1100342.jpg

P1100348.jpg
車窓から
景色は綺麗だったのだが・・・列車の窓の汚さ(・・;)

P1100358.jpg
この列車は、各駅だったのか?3時間半で、ようやくフエに到着

P1100362.jpg
ガ・フエ
例のごとくここからホテルに向け歩き出す

P1100365.jpg

P1100370.jpg

P1100378.jpg
シクロのお兄さん
ウォーキングで行くとジェスチャーしたらさようならと、素直に去る

P1100376.jpg
フォーン川対岸に、フラッグ・タワーが

P1100371.jpg

P1100372.jpg

P1100375.jpg

P1100379.jpg

P1100380.jpg
信号待ちの時、偶然日本の方と出会い、色々話を聞きながら昼食を取る
写真撮るのを忘れていた(^^;)

P1100384.jpg
で、ようやくホテルに到着な訳ないか?

P1100487_20150516092208f3a.jpg
このホテルでした。写真撮るのを忘れて、夜景で・・・(゚_゚i)タラー・・・











海外旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。